Wedding

相場について把握する

婚約指輪の相場ってどのくらいでしょうか?

結婚への覚悟を示す婚約指輪ですが、金額の相場はどの程度なんでしょうか。 婚約指輪の金額の目安として有名なものが「給料の三か月分」というものです。しかし、これはとあるダイヤモンド関連企業の販促用キャッチフレーズが広まったもので、今現在この目安を忠実に守る人は少ないです。 かつては無理してでも高い指輪を奮発することも多かったようですが、最近では無理せず自分の懐具合に見合った指輪を購入する人が多く、現状の平均相場は20〜30万円ほどです。 また、指輪のデザインや材質にはこれという決まりはないものの、殆どのカップルはダイヤモンドの指輪を選んでいます。 別個に結婚指輪を用意することや、あまり気合の入った高いものを買ってしまうと、普段使いしにくい点なども考慮されてこうした相場のものが好まれています。

婚約の証として指輪を贈るのはいつから?

当然のように婚約指輪を送っていますが、この習慣はいつから始まったのでしょうか。 すでに紀元前の古代ローマ時代には、婚約の証に指輪を贈る風習がありました。始めのころは鉄製の素朴な指輪を用いましたが、後の時代に純金製の指輪を贈るようになりました。 この頃の指輪には、愛の証というより結婚という契約の証という性格が強いものでした。 時代が降り中世になると、宝石加工の技術が発展したこともあり宝石を用いた婚約指輪が贈られるようになります。 一方日本で婚約指輪を贈る習慣が出来たのは明治時代になってからのことです。文明開化に伴い西洋文化が流入する中、ヨーロッパから伝えられました。 しかし、その段階では一部の上流社会でのみ享受されたぶんかであり、庶民に普及するのは戦後高度経済成長の時代を迎えてからのことです。